Powered by Google Translate
  • オリジナルグッズ販売
  • はがき販売
  • 福岡県太宰府市のふるさと納税
  • ふるさとチョイス
  • 楽天ふるさと納税
  • だざいふ史跡探訪

    いわやじょうあと

    岩屋城跡

    福岡県太宰府市大字太宰府

    観光マップ
    岩屋城跡

    高橋紹運と家臣が壮絶な最期を遂げた合戦の地

    四王寺山の中腹に築かれた戦国期の山城跡。宝満山城の支城として豊後大友家の武将である高橋鑑種(あきたね)によって築城された。1586年九州制圧を目指す島津勢5万の大軍を相手に当時城主であった高橋紹運と760余名の家臣は篭城し、14日間の激戦の末、全員討死した。現在、本丸跡に石碑、二の丸跡に紹運と家臣の墓がある。ここからの眺めは抜群で、水城跡の様子などが良くわかる。
    • コメント(0)
    所在地 福岡県太宰府市大字太宰府
    アクセス西鉄太宰府駅下車 徒歩約40分
    ホームページ -
    電話番号 -
    アクセスマップ
    _