Powered by Google Translate
  • はがき販売
  • 福岡県太宰府市のふるさと納税

だざいふ史跡探訪

いわやじょうあと

岩屋城跡

福岡県太宰府市観世音寺字大浦谷

観光マップ

豊後大友家の武将である高橋鑑種(あきたね)によって築城された山城

岩屋城は16世紀半に宝満山城の支城として豊後大友家の武将である高橋鑑種(あきたね)によって岩屋山に築城された山城。
九州制覇を目指す薩摩島津氏が1586年に岩屋城を攻撃、5万の大軍に囲まれてしまい、篭城したが、奮闘むなしく豊臣秀吉の援軍が来る前に陥落。当時城主であった高橋紹運は自害、全員討死した。しかし島津軍は岩屋城の攻略に時間が掛かりすぎたため後ほど撤退。岩屋城が島津軍の九州制覇を止めた形となった。
ここからの眺めは抜群で、水城跡の様子などが良くわかる。
  • コメント(0)
フォトギャラリー
所在地 福岡県太宰府市観世音寺字大浦谷
アクセス西鉄「太宰府」駅下車 徒歩約40分
ホームページ なし
電話番号 -
岩屋城跡

携帯電話でこの場所の
情報をチェック!

アクセスマップ
_