Powered by Google Translate
  • はがき販売
  • 福岡県太宰府市のふるさと納税
  • ふるさとチョイス
  • 楽天ふるさと納税
  • 太宰府周辺の行事

    TOP > 太宰府周辺の行事 > 日本遺産 古代日本の「西の都」~東アジアとの交流拠点~ Japan Heritage 

    日本遺産 古代日本の「西の都」~東アジアとの交流拠点~ Japan Heritage 

    イベント情報
    日程
    場所

    2015年4月、初の日本遺産が全国で18件誕生し、太宰府市の地域の歴史を語るストーリー、古代日本の「西の都」~東アジアとの交流拠点~が認定されました。

    今から1300年前、世界とつながる「西の都」として、外国使節や商人が往来する国際都市として大宰府が誕生しました。外国使節を迎える都として、相応の文化的素養をもつ人物が集まり、新しい文化が流入・集積し現在に伝承されています。

    これまで、「大宰府」を中心に繰り広げられた東アジアとの国際交流の歴史と文化に焦点を当てたストーリーにより、太宰府市が単独で認定を受けていました。しかし、古代「西の都」に関連する文化財は、近隣の市町にまで広く分布していることから、2020年6月に、福岡県・筑紫野市・春日市・大野城市・那珂川市・宇美町・佐賀県基山町を含む範囲への拡充が認定されました。

    情報が満載された特製パンフレット、電子ブック、各史跡・文化財を巡る無料のナビゲーション機能付きアプリなどを活用し、古代日本の「西の都」へタイムトリップしてみませんか?
    • 2020年07月04日
    • コメント(0)

    コメント(0

    コメントはこちらから
    _
    a