2017年4月アーカイブ

水無月の季節を告げる花菖蒲が、紫・白・白紫など色とりどりの花影を水面に映し、約55種・3万本が一斉に開花します。またこの時期にはあじさいも楽しめます。

菖蒲池では、夜間照明が行われます。
<夜間照明予定期間>6月1日(木)~18日(日)
<照明時間>19:30~21:00
*開花状況により、照明期間は変更になる場合があります。

花菖蒲コンサートのご案内
6/  3(土) ①11:00~ ②13:00~ 
     ゴスペルジャズ<演奏:YASUTAKE×ISAMU>
6/  4(日) ①13:00~ ②15:00~
     篠笛演奏ミニライブ<奏者:佐藤和哉>
6/10(土) ①11:00~ ②13:00~
      ジャズライブ<演奏:yesterday trace>
6/11(日) ①11:00~ ②13:00~ 
      ジャズコンサート<演奏:new moon>

*雨天時は絵馬堂にて演奏が行われます。


 ★6月初旬から6月中旬が見ごろです。
   開花状況はスタッフブログ「太宰府だより」をご覧ください。

斉藤進「花菖蒲の庭園」.jpg
太宰府の香り・風景写真コンテスト入賞作品
    斉藤進 「花菖蒲の庭園」

大正10年から全国で始まった「時の記念日」の行事。ここ太宰府では奈良時代に漏刻(水時計)が置かれたと伝えられる「辰山(月山)」を望む都府楼跡で記念式典が行われていました。現在まで引き継がれているこの行事は太宰府市民遺産に登録されています。6月10日午前6時10分を目途に都府楼跡正殿の石碑前に集合した参加者は、時間ぴったりに集合すると賞品が授与され、歌を合唱、各々出し物を披露し懇談します。「時を大切に思う」気持ちを次代へ引き継いでいきたい大切な行事のひとつです。

梅ちぎり

| コメント(0) | トラックバック(0)
6月1日  御神木「飛梅」の実の採取が行われます。奉納式神事の後、神主・巫女 をはじめ職員により約1週間近く境内の約6,000本の梅ちぎりが行われます。「飛梅」の実は、一生一代のお守り「飛梅御守」として大事に奉製、神苑の梅の実は、 梅干しとして謹製され、各授与所にて授与されます。

「飛梅」梅ちぎり高崎英明.jpgのサムネール画像
        太宰府の香り・風景写真コンテスト作品 「飛梅」梅ちぎり 高崎英明

樟若葉

| コメント(0) | トラックバック(0)
太宰府天満宮の天神の森では、約80本の樟がいっせいに若葉をつけ、境内全体が新緑の清々しい香りに包まれます。
国指定天然記念物2本をはじめ、県指定天然記念物も49本に及びます。
誠心館前の樹齢1,500年以上といわれる大樟、本殿裏の2本の大樟が寄り添う夫婦樟は必見です。
修験の修法にのっとった不幸不運を焼き払い、幸運を招く「護摩焚き」神事です。
午前10時30分より御本殿にて祭典と筑前琵琶の奉納、稚児行列が行われ、11時頃よ り山伏による山伏問答・壇作法に続いて燃え盛る火の中に願い事を書いた護摩木が投げ入れられ、大護摩供が厳かに行われます。読経後、護摩壇が崩され火渡りが行われ ます。火渡りはどなたでも参加できます。無病息災をお祈りください。


*車の混雑が予想されます。公共交通機関をご利用ください。

Write your wish on a "gomagi" votive stick, and toss it into the fire to burn away bad luck. Also, you can enjoy a "chikuzen biwa" lute performance and  watch the initiation ceremony of mountain priests and challenge the barefoot walk over burning sacred coals.


日タイ修好130周年記念特別展
タイは国民の95%が仏教を篤く信仰する仏教国です。
人々の日々の暮らしに寄り添い、長い歴史の中で多様な仏教文化が花開きました。
本展では、タイ王国門外不出の名宝と選りすぐりの仏教美術の数々を紹介します。

Special Exhibition Celebrating 130 Years of Amity between Japan and Thailand.

宝満山峰入り

| コメント(0) | トラックバック(0)
この山を修行の場としている修験者の人々を中心にして結成された宝満山修験会の皆さまにより、「宝満山峰入り」が行われます。
法螺貝(ほらがい)の音が峰々に鳴り響き、竈門神社下宮で読経の後に一の鳥居で入山作法を行い、参加者の皆さまとともに「宝満山峰入り」が行われ、宝満山開山の心蓮上人のお墓にお参りします。無理なくゆっくりと登りますので、登山初心者の方もどうぞ奮ってご参加ください。

<コース> 竃門神社→一の鳥居(山伏問答・入峰作法が行われます)→中宮→(女道)→キャンプセンター(昼食)→心蓮上人墓→上宮

菅原道真公は「子どもの守り神」でもあります。こどもの日の5月5日を中心に「ちびっこ夢ひろば」が開催されます。
樟若葉眩しい天神広場特設ステージにて、歌・踊り・舞など子どもたちが日頃の練習の成果を発表。
またヨーヨーすくいなどの縁日コーナーもございます。
九州国立博物館は、2017年4月28日(金)より、毎週金曜日と土曜日の開館時間が午後8時までとなります。
これにともない、4月22日(土)と28日(金)に多彩なイベントが実施されますので、ぜひお越しください。
古都太宰府の夜をゆっくりとお楽しみください。

4/22(土) プレイベント ならびに 4/28(金)オープニングセレモニーのご案内はこちら

夜の九博イベント.jpg



カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • update
Powered by Movable Type 5.0

このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年3月です。

次のアーカイブは2017年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。