2011年10月アーカイブ

新たな太宰府市民遺産の認定、育成団体の活動報告、ロゴマークの発表等を行います。

演題:「古嗣拝山と倉野煌園-祖門鉄翁の書簡をめぐって-」

定員:70名

要事前申込/平成23年11月9日(水)締切

講師:前田 淑(福岡女学院短期大学名誉教授)

平敷屋エイサー保存会によるエイサーを披露します。

太宰府では、九州歴史資料館、太宰府市教育委員会によって史跡、条坊跡の発掘調査が継続的に実施されており、貴重な遺跡や遺物も確認されています。今回の展示では、そうした調査の成果を、最新の情報も含めて紹介します。

シャンソンは人生の喜びや悲しみを歌で綴る3分間のドラマ。
ふれあい館で3回目の開催となるコンサート。コパン・ド・シャンソン(シャンソンを勉強中の仲間)と一緒にシャンソンを身近に感じ、楽しみます。


出演:関 雅子/コパン・ド・シャンソン

曲目:千の風になって 愛の讃歌 ほか

入場無料

お問い合わせ先:太宰府市文化ふれあい館☎092-928-0800

市内の様々なサークル・団体・個人でがんばる皆さんの日頃の成果をぜひご覧ください。(芸能・展示作品・バザー等)

 

九州銘菓協会60周年を記念した展示が開催されます。また、期間中は九州各地の銘菓を販売します。

平成24年5月19日(土)に実施する「太宰府検定」に向けての講座です。
古代の生活体験をとおして古代の人々の知恵や工夫を学ぶ講座です。歴史の大切さや文化財を守る心を育むことを目的としています。今回は「古代食」について学びます。


参加費:800円(小中学生500円)

定員:20名 *要申込

大ベストセラー本「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の作者の講演会。
マネジメントとは何か、日本でドラッカーが受け入れられた背景などをトークショー形式でお話されます。

日時:平成23年10月23日(日) 午前10時開場、公演午前10時30分~12時

場所:太宰府市中央公民館

お問い合わせ先:太宰府市民図書館☎092-921-4646 

入場整理券が必要です、図書館含む施設で配布中

秋の里山には自然の恵みがあふれています。ふれあい館から太宰府市民の森へ「秋の宝物」を探しに出かけます。様々な種類のどんぐりがあることを知り、採集したどんぐりでかわいい小物を作ります。


講師:須田隆一(福岡県保健環境研究所専門研究員)
定員:20名
参加費:800円/小中学生400円
要事前申込、10月5日(水)締切。

 

親子で茶道体験

| コメント(0) | トラックバック(0)

「茶道」初心者の親子(子どもは小中高生)を対象に茶道体験を行います。


体験料:親子1組2名 500円。 定員:各回5組10名程度。
要申込(先着順) ※10月15日開催分は9月26日、11月6日開催分は10月17日より受付開始
開催日:①平成23年10月15日(土) ②11月6日(日)
時間:①10:00 ②11:30 ③13:00 (各回1時間)
場所:九州国立博物館 茶室
お問い合わせ先:九州国立博物館交流課 ☎092-929-3602 FAX092-929-3980 

「図書館を身近に暮らしの中に」をテーマに太宰府市民図書館開館当時を振り返りながら、これからの図書館像について考えていく講座です。

伝統的大衆芸能「人形浄瑠璃」の公演です。
出演は、清和文楽[熊本県上益城郡山都町]、旭座人形芝居[福岡県八女市黒木町]の2団体です。


日時:平成23年10月14日(金)~10月15日(土) 

14日①13:00~②14:00~ ワークショップ15:00~
15日①11:00~ ワークショップ12:00~ ②14:00~ 旭座

平成24年5月19日(土)に実施する「太宰府検定」に向けての講座です。古代の生活体験をとおして古代の人々に知恵や工夫を学ぶ講座です。古代の生活体験をとおして古代の人々の知恵や工夫を学ぶ講座です。歴史の大切さや文化財を守る心を育むことを目的としています。今回は古代米(赤米・黒米)の稲刈りを体験します。


定員:20名*要申込

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • update
Powered by Movable Type 5.0

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。