Powered by Google Translate
  • オリジナルグッズ販売
  • はがき販売
  • 福岡県太宰府市のふるさと納税
  • ふるさとチョイス
  • 楽天ふるさと納税
  • 太宰府だより

    TOP > 太宰府観光協会 > 太宰府だより > 6月10日 時の記念日

    太宰府観光協会スタッフが今日の太宰府の風景をお伝えします

    太宰府だより

    太宰府だより

    6月10日 時の記念日

    • 2021年06月10日
    • コメント(0)
    6月10日は時の記念日。
    太宰府市では「時の記念日の行事」が毎年行われています。
    (残念ながら、コロナウイルスの影響で昨年今年と中止になってしまいました)
    なぜ6月10日なのか?
    671年、天智天皇が時を知らせる漏刻(水時計)を初めて置いた日が現在の6月10日にあたり、それを記念して「時を大切にしよう」という主旨のもと制定されたそうです。
    奈良時代、大宰府政庁の東の丘にも漏刻があったと伝えられています。
    時の記念日の行事では、6月10日の朝6時10分ちょうどをメドに大宰府政庁跡に集まります。時計は見ずに集合し、時間ぴったりに集合すると記念品が授与されるそうです。
    15年ほど前までは太宰府駅に漏刻の模型がありましたが、現在は撤去されています。

    *「時の記念日の行事」は太宰府市民遺産に認定されています。

    漏刻の模型.jpg

    • 2021年06月10日
    • コメント(0)

    コメント(0

    コメントはこちらから
    _
    a