2017年2月アーカイブ

日本遺産 太宰府 Japan Heritage Dazaifu
古代日本の「西の都」~東アジアとの交流拠点~

2015年4月、初の日本遺産が全国で18件誕生し、太宰府市の地域の歴史を語るストーリー、古代日本の「西の都」~東アジアとの交流拠点~が認定されました。

今から1300年前、世界とつながる「西の都」として、外国使節や商人が往来する国際都市として大宰府が誕生しました。観世音寺・戒壇院は当時の先進文化を集積した姿を今に伝えます。外国使節を迎える都として、相応の文化的素養をもつ人物が集まり、新しい文化が流入・集積し現在に伝承されています。

情報が満載された特製パンフレット、電子ブック、各史跡・文化財を巡る無料のナビゲーション機能付きアプリなどを活用し、古代日本の「西の都」へタイムトリップしてみませんか?
詳細案内はこちらへ
鹿児島睦は、植物や動物をモチーフに独自の世界観で図案を施した器やオブジェで知られ、福岡を拠点に国内はもとより、L.A.・台湾・ロンドンでも個展を開くなど海外でも活躍するアーティストです。その作品世界の魅力は、オリジナリティのある絵柄を圧倒的な構成力で描く図案と、独自の技法から生まれる造形にあります。
今回、三菱地所アルティアム(天神・イムズ8F)と同時開催で 「#鹿児島睦展」を開催します。太宰府天満宮宝物殿では、「鹿児島睦の造形展」と題し、鹿児島睦の陶製の造形作品を展示のメインに据えながら、開放的な展示空間に鹿児島ならではのインタープリテ―ションによる「曲水の宴」を出現させます。
地元福岡ではじめての本格的な展覧会となる本展をぜひお楽しみください。

⇒詳細はこちら

カテゴリ

ウェブページ

  • update
Powered by Movable Type 5.0

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。