Powered by Google Translate
  • 福岡県太宰府市のふるさと納税

太宰府周辺の行事

TOP > 太宰府周辺の行事 > 特別展「宗像・沖ノ島と大和朝廷」

2017年1月1日(日・祝)~3月5日(日)

特別展「宗像・沖ノ島と大和朝廷」

九州国立博物館

イベント情報
日程 2017年1月1日(日・祝)~3月5日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで) 休館日:毎週月曜日ただし1/2・9は開館 1/10(火)は休館
場所 九州国立博物館
連絡 九州国立博物館NTTハローダイヤル☎050-5542-8600(8:00~22:00)

「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は、ユネスコの世界遺産暫定リストに記載されました。
沖ノ島は『古事記』・『日本書紀』に「沖津宮」と記された由緒ある社で、約8万点の出土品がすべて国宝に指定され、「海の正倉院」とも呼ばれています。これほどの神宝を納めた祭祀遺跡は他に例がなく、大和朝廷の国家祭祀の中でも沖ノ島祭祀が特に重要な役割を果たしていたことを物語っています。
本展覧会では『古事記』・『日本書紀』の記述と出土品を交差させながら、神宿る島の源に迫ります。

期間中、記念講演会「神宿る島と祈りの記憶ー祭祀遺跡の発掘調査譚ー」、「沖ノ島写真展」なども開催されます。

  • 2017年01月15日
  • コメント(0)

コメント(0

コメントはこちらから
_
a