Powered by Google Translate
  • はがき販売
  • 福岡県太宰府市のふるさと納税

太宰府周辺の行事

TOP > 太宰府周辺の行事 > 特別展「京都高山寺と明恵上人 鳥獣戯画」

2016年10月4日(火)~11月20日(日)

特別展「京都高山寺と明恵上人 鳥獣戯画」

九州国立博物館

イベント情報
日程 2016年10月4日(火)~11月20日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで) 休館日:10月17日(月)、10月31日(月)、11月14日(月)
場所 九州国立博物館
連絡 九州国立博物館 NTTハローダイヤル☎050-5542-8600(8:00~22:00)

高山寺 と明恵上人


秋の紅葉の美しさで知られる高山寺は奈良時代までさかのぼる歴史をもつ古刹で、鎌倉時代、明恵上人(1173〜1232)によって再興されました。新しく宗派を打ち立てたわけではなく、釈迦を信じひたすら仏道修行に励んだ明恵上人は、鎌倉時代の個性豊かな僧侶たちの中にあってひときわ異彩を放っています。いまも高山寺に伝わる数多くの宝物や聖教は、明恵の活躍ぶりとともに、彼を慕う人がどれほどいたかを知らせてくれます。平成6年(1994)には世界遺産(古都京都の文化財)に登録されました。

数ある平安時代の絵巻物の中で最も親しまれ、最も愛されているのが鳥獣人物戯画でしょう。平成21年(2009)から4年間をかけて行われた修理によって面目を新たにした鳥獣人物戯画。前期・後期に分けて展示替えが行われ、各巻約10メートルに及ぶその全貌を九州では初めて紹介されます。

展示物は会期中一部展示替えがあります。



  • 2016年10月11日
  • コメント(0)

コメント(0

コメントはこちらから
_
a