2016年8月アーカイブ

菅原道真公ご在世の往時を偲び、御神霊をお慰めすると共に、 国家の平安、五穀豊穣を感謝する秋祭りです。21日には御神輿を榎社まで、22日には榎社より御本殿まで御神幸がなされます。25日は例祭が斎行され千灯明で幕を閉じます。

 <開催予定>

9月20日(火) 
15時00分   神幸式大祭始祭(御本殿)

9月21日(水
) 
19時00分   お下りの儀(御本殿)
20時00分   御本殿より榎社へ
22時30分頃  榎社行宮御着 献饌祭(榎社)

9月22日(木・祝) 
15時30分   お上りの儀(榎社) 
18時00分   浮殿御着献饌祭(浮殿)*竹の曲奏上 
18時30分頃  お移りの儀(浮殿より御本殿へ)
19時30分頃  御本殿還御祭(御本殿)*竹の曲奏上


9月24日(土) 
19時00分   古式献饌祭(御本殿)

9月25日(日) 
11時00分   秋季例大祭(御本殿)
20時00分   千灯明(太鼓橋・心字池)
           
太宰府の魅力を再発見する秋のイベント、第11回「太宰府 古都の光」が開催されます。九州国立博物館、太宰府天満宮及び門前町周辺、観世音寺・戒壇院、大宰府政庁跡や水城跡を灯籠や光のオブジェで彩り、灯明の灯りによる光の道でつなぎます。

各会場では、ミニコンサートなども行われる予定です。
点灯式は18:00より九州国立博物館会場にて行われます。

「古都の光」特製提灯を手に、灯籠のやわらかな光に彩られた古都太宰府を散策しませんか。


*雨天中止


⇒詳細はこちらをご覧ください

古都の光1.jpg
古都の光2.jpg
東九州には、様々な神楽がそれぞれの里に息づいています。
九州国立博物館1Fエントランスにて、8月23日(火)から9月4日(日)まで特別展示が行われます。京築・庄内・新田神楽の貴重な面や衣装、道具などが展示され、神楽文化の魅力をお伝えします。

9月3日(土)・4日(日)にはミュージアムホールにて神楽公演が行われます。(入場無料)
*9月3日(土) 11:30~15:45  
*9月4日(日) 10:30~16:15  
 ⇒台風12号接近・上陸の恐れがあるため中止になりました
各日9時30分より入場整理券が配布されます。

その他、神楽装束体験や記念撮影コーナーもあります。

神楽2.jpg

 





海の彼方から伝来し、日本で独自の進化を遂げ、新世界に適応していった火縄銃。
国友、堺、薩摩などの鉄砲産地の火縄銃や、江戸時代初期に鋳造された石火矢、各地の中世遺跡から出土した火縄銃関連遺物などを紹介します。

カテゴリ

ウェブページ

  • update
Powered by Movable Type 5.0

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年7月です。

次のアーカイブは2016年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。