Powered by Google Translate
  • はがき販売
  • 福岡県太宰府市のふるさと納税

太宰府周辺の行事

TOP > 太宰府周辺の行事 > 始皇帝と大兵馬俑

2016年3月15日(火)~6月12日(日)

始皇帝と大兵馬俑

九州国立博物館 特別展示室

イベント情報
日程 2016年3月15日(火)~6月12日(日)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所 九州国立博物館 特別展示室
連絡 九州国立博物館NTTハローダイヤル☎050-5542-8600(8:00~22:00)

乱世を勝ち抜き天下統一を成し遂げた秦の始皇帝。始皇帝は生前から自身の陵園の造営に着手し、その巨大な陵墓の近くに埋められた8000体の陶製の兵士や馬(兵馬俑)は20世紀最大の考古学発見と言われています。
本展では最新の発掘成果を取り入れながら、秦王朝と始皇帝にまつわる重要かつ多彩な文物をご紹介します。約120点の展示品を通して知られざる秦王朝と始皇帝の実像に迫ります。

兵馬俑とは:古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑のうち兵士及び馬をかたどったもの。始皇帝陵の兵馬俑は8000体とも言われ、基本的に等身大で顔の表情はすべて異なります。こうした徹底ぶりから始皇帝が現実世界をそのまま引き写し、死後もなお皇帝であり続けようとしたことがうかがえます。兵馬俑こそ始皇帝の永遠なる夢を体現したものと言えるでしょう。
  • 2016年05月05日
  • コメント(0)

コメント(0

コメントはこちらから
_
a