2015年10月アーカイブ

更衣祭

| コメント(0) | トラックバック(0)
天神様がお召しになっている夏の御衣(羽二重の単)を冬の御衣(綿入りの袷)にお取替えする神事です。
かがり火を焚き、雅楽の音色だけが響く厳かな雰囲気のもと、真新しい御衣が神職の手から手へと慎重に渡される「更衣の儀」が執り行われます。天神さまの末裔である宮司が御本殿の奥深くに入り、直接御衣をお召し替えします。
筑紫美術協会は1970年彫刻家冨永朝堂を会長に旧筑紫郡に在住する美術家や美術講師たちが相互の研鑽と地域文化の向上を目的に創立されました。日本画・洋画・彫刻・工芸・漢字書・かな書の6部門、約60点の作品をご覧いただけます。
菊を愛でられた菅公にちなみ、愛好家で作る『秋芳会』による菊花展が開催されます。
福岡県内をはじめ佐賀県・長崎県・熊本県等の愛好者が一年間精魂込めて育てた大輪、小菊の福助などの力作約1,500鉢が、本殿前をはじめ回廊、天神広場に献花展示されます。
なお、期間中は大輪、福助、懸崖などの苗の販売も行なっています。

カテゴリ

ウェブページ

  • update
Powered by Movable Type 5.0

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年9月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。