2016年5月アーカイブ

6月8日

菖蒲は満開です!岸辺のあじさいと色調がマッチしていてとてもきれいです。
毎日蒸し暑い天気が続いています。菖蒲も少し暑そう(?)に見えますね。
今週末(6/11、6/12)には菖蒲池でコンサートが行われます。満開の菖蒲とともにお楽しみください。

2016-6-8菖蒲あじさい 003.JPG  2016-6-8菖蒲あじさい 005.JPG


5月31日

高温続きの毎日で菖蒲は一気に見頃を迎えようとしています。
菖蒲池は白と紫の花がゆらゆら水面に映りとても優雅です。

2016-5-31しょうぶ池 008.JPG 2016-5-31しょうぶ池 007.JPGのサムネール画像 2016-5-31しょうぶ池 006.JPGのサムネール画像のサムネール画像

2016-5-31しょうぶ池 012.JPG 2016-5-31しょうぶ池 010.JPG



5月22日

まだ5月だというのに夏のような暑さです。半袖姿が目立ちます。
菖蒲池の一部の菖蒲が開花しました
が、まだまだ見頃にはほど遠い状態です・・・
6月1日(水)~19日(日)の19日間、日没から21時までライトアップも予定されています。
通常19時30分閉門の太宰府天満宮楼門も、このライトアップ期間中月曜~木曜日は20時、金土日曜日は21時まで開門しています。
静寂に包まれた厳かな雰囲気の太宰府天満宮参拝もいつもと違っていいですよ。

菖蒲開花1.jpg菖蒲開花2.jpg
5月8日

五月晴れの良いお天気が続いています。
太宰府天満宮には55種3万本の花菖蒲があり、例年5月下旬から6月にかけて見頃となります。
夜間照明やコンサートなども行われる予定ですが、現在はまだ青々した(?)状態です。
開花が待ち遠しいですね。

2016-5-8菖蒲池 001.JPG

2016-5-8菖蒲池 003.JPG


4月16日

連日の地震と余震で眠れぬ夜が続いています。地震の影響であいにく今日は九州国立博物館は臨時休館、交通機関にも乱れがでていますが、 太宰府天満宮は連日大勢のお客様でにぎわっています。ありがとうございます。
さて太宰府天満宮境内の菖蒲はまだまだ株の状態ですが、菖蒲池畔にある藤棚がきれいな薄紫色の花を咲かせています。境内では樟の新芽の緑が目にまぶしいばかりです。来週末まで行われる「くすかき」の様子もごらんください。


2016-4-16藤と樟 004.JPG2016-4-16藤と樟 006.JPG






みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
ゴールデンウィークが近付くと、案内所には「なんじゃもんじゃの木はどこにありますか?」というお問い合わせが増えてきます。なんじゃもんじゃの木? とてもユニークな名前ですよね。正式には「ヒトツバタゴ」といって可憐な白い花を咲かせる木です。
ではどうして「なんじゃもんじゃの木」というのでしょう? もともと"なんじゃもんじゃ"とは、珍しく誰も名前を知らない植物のことを指す総称・呼称で、全国に何種類もの"なんじゃもんじゃ"と呼ばれる植物があるようです。例えば樟、ニレ、菩提樹も"なんじゃもんじゃ"と呼ばれることがあるようです。他にも、名前がわからなかったので 「何の木じゃ?」と呼ばれているうちに 、いつのまにか「なんじゃもんじゃ」という変わった名前になってしまったという説もあるようです。
太宰府市内では太宰府天満宮宝物殿横・太宰府天満宮裏手のセブンイレブン付近・太宰府市役所正面ロータリーなどで見ることができます。

なんじゃもんじゃの木.jpgなんじゃもんじゃの花.jpg



このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。