2013年9月アーカイブ

2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
黒田官兵衛(如水)は戦国時代、優れた智謀と軍略で名をはせ、豊臣秀吉を天下人にした天才軍師。
秀吉の死後、関ヶ原の合戦の戦功により徳川家康から筑前国を拝領した息子長政と共に福岡城を築城します。
一流の文化人でもあった彼は、和歌・連歌の神としても知られる菅原道真公を崇拝し、福岡城が建造される間、太宰府天満宮境内に草庵を構え、晩年の一時期を過ごしました。
太宰府天満宮境内には当時使っていたと言われる井戸が残っています。(如水の井)

今日は福岡黒田武将隊が太宰府にやって来ました。
官兵衛様に太宰府訪問の意図を尋ねたところ、「懐かしの井戸を見に来たのじゃ」とのこと。
太宰府駅や門前町では多くの観光客に囲まれ、大人気の官兵衛親子でした。武将.JPGのサムネール画像            左から黒田長政・黒田官兵衛・銀時(黒田親子に仕える架空の武将)


   2013年9月1日(日)、太宰府天満宮絵馬堂に、大阪天水連のみなさんが、「とくしま観光キャンペーンin福岡」の一環として登場しました。
参道と境内での阿波踊りが予定されていましたが、あいにくの大雨で、絵馬堂に場所を移して行われました。
阿波踊りを間近で見ることは、なかなか難しい私達です。この日大阪天水連のみなさんの踊りを見て、百聞は一見にしかず、阿波踊りと一言でいえどもいろいろな踊り方、使用する鳴り物があることを知り、最後に観客たちも輪に加わり一緒に踊っていた光景がとても印象的でした。



阿波踊り20130901 013.JPGのサムネール画像                   女踊り、男踊り、女性の男踊り



阿波踊り20130901 024.JPGのサムネール画像

  観客のみなさんと踊っています!!
                     


阿波踊り20130901 021.JPG奴踊り

              
                  


このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。